芝川つり堀センターの道具と一口にいっても様々なものが
存在します。もちろん釣りに関する道具なわけですが、
メインは以下に記した3商品、「浮き箱」「仕掛箱」「針外し」となります。

芝川つり堀センターでの販売品は「浮き箱」「仕掛箱」で
「針外し」はポイントを貯めてもらうアイテムとなり非売品です。
ご参考にされてください!!

浮き箱



左右に10本入るタイプです。
色はこの他に緑と黄色があります。



左右に16本入るタイプです。



左右24本入るタイプで芝川つり堀センターの販売する
浮き箱の中で一番大きいサイズになります。



このように芝川つり堀センター入り口すぐ左にショーケースがあり
写真のようにディスプレーしております。


仕掛箱

初心者のお客様はマイ竿をとっても仕掛は竿に巻いて店内で
保管を致します。
しかし、常連さんで浮きの数が一杯になってくるとその浮きの用途や
竿の長さで仕掛を別々に管理したいというニーズが出てきます。
芝川つり堀センターでは仕掛箱をご用意しています。
常連さんによっては2個〜4個所有している人もいます。



左右で12本入るタイプです。

 

左右10本入るタイプです。


 

炭を使用して作った仕掛巻です。残念ながら仕掛巻単体での
販売は行っておりません。ブランドは「金鯱」。
ちょっとこの辺にこだわりがあります。

針外し

針外しは非売品です。初級のお客様はとにかくみんな
針外しを欲しいと言いますね!!
確かにこれがあるかないかでは相当釣りの効率や大鯉など
大物を釣った際のキャッチ<上手く針を外せる>率が変わります。
以下紹介を致します。



「上級針外し」です。
マイ竿を取得してからこのアイテムを取るために必要な枚数は
カード30枚と12ポイントになります。
上級段巻竿を取ってからさらに12枚の道のり・・・。
初級の方にはなかなか厳しいかもしれません・・・。




「最上級針外し」です。
マイ竿を取得してからこのアイテムを取るためには
カードは都合90枚と12ポイント必要になります。
種類は色々ありますがご紹介アイテムは「壮志」。
ベースは40cmのタイプが最上級針外しの規格となります。


以下記載は「超最上級針外し」です。
必要なカード枚数は初級段巻取得から数えるとなんと276枚と12P。
ポイント換算すると5500P以上必要になります。(驚)



「最上級針外し」との違いは長さと形状です。

 

ご覧になって頂ければお分かりのようになんと中央部が継ぎに
なっています。ご紹介は竿師「魚集英雄」氏作のものです。
中央部の継ぎを使用すると長さが60cmに
持ち手に直接針外し部を差し込むと40cmに・・・。
数釣大会のように手返しを要求される釣りをする場合は
40cmにして使うのが有効です。




こちらはRYOが使用する「究極の針外し」です。

 

竿師「源一人」作です。
持ち手が太く非常に使いやすいタイプです。
このタイプを取ることで芝川つり堀センターの課程が
全て終了となります!!